劣化したら交換!機械式時計でメンテナンスを要する部分

ベルト交換で機械式時計をメンテナンス

機械式時計は大切にすればかなり長持ちしますが、消耗部品については定期的に交換が必要でしょう。腕時計タイプの機械式時計のベルトは使っているうちに傷んでくるため、交換しなければなりません。樹脂製や革製のベルトに比べると、金属製のベルトはかなり長持ちします。それでも錆などがでてくることもあるため、ベルトの交換メンテナンスが必要ですね。またベルトができるだけ傷まないよう、普段からのこまめな手入れが欠かせません。

風防ガラスの交換メンテで見やすくなる文字盤

機械式時計には、文字盤を保護するために風防が取り付けられています。腕に装着する機械式時計では風防が物に接触しやすい部分であるため、傷が付きやすいですね。ガラスタイプの風防は強度が高く、簡単には傷つきません。しかしうっかり機械式時計を地面に落としてしまうなどのトラブルで大きな傷が付いてしまうと、文字盤が見えづらくなってしまうでしょう。機械式時計の風防を交換すれば文字盤が見やすくなり、時計自身の美観も良くなりますね。

機械式時計のリューズは消耗する部品

腕時計タイプの機械式時計には、時刻の調整やゼンマイを巻くためにリューズが取り付けられています。このリューズは時計を長年使い続けているうちに消耗するため、交換が必要になる部品です。もしリューズの動きが固くなったり、リューズを巻いても思ったように機能しない場合には、交換メンテナンスを必要とするでしょう。リューズはデリケートな部品であるため、時計職人に依頼し定期的に注油などの手入れを行ってもらうと長持ちしますよ。

グランドセイコーは、多くのビジネスマンの必須アイテムとして重宝がられており、精度やデザイン性の高さが魅力です。