この場合は絶対に必要!腕時計がないと困る場面

学校や検定などの試験を受ける時

試験が始まると目線は試験用紙が置いてある方向になります。ほとんどの会場には時計が置いてありますが、それを見ようとすると不正行為と見なされることがあります。それでもどうしても時間の確認はしたいですよね。腕時計をしていれば目線をほとんど動かすことなく見れるし、時計をしている腕を動かすだけなので簡単に時間を見ることができます。腕時計には針とデジタルの2タイプありますが、残り時間等を見るには針のタイプの方が見やすいので、試験会場に行く際はそのタイプのものを用意しましょう。

友人や家族などと待ち合わせする時

家の中にいる時は時計が置いてあると思うので特に困りませんが、外へ出かけている時は場所によっては時計がないところがあります。すぐに帰る場合は時計がなくてもいいと思いますが、これが友人や家族と待ち合わせをしている時は時計がないと困ります。まず、集合時間になったかどうかの確認ができません。集合場所で待っている時にふと「今は何時なんだ?」と思うことがあると思いますが、この時に腕時計がないと時計があるところまで移動する必要が出てきます。それから友人や家族から「1時間遅れる」と電話がかかってきた場合、到着時間を調べることもできなくなります。これを回避するためには例え、短時間での外出であっても腕時計をするようにしましょう。それを習慣にしておけばそういった事態もなくなるはずです。

会社や作業所などで仕事をする時

仕事をする時は場所にもよりますが、時計が置かれていない場合があります。そうなると時刻を知ることができません。時刻が分からないと困ることは経過時間を知ることと、上司から決められた時間内に仕事をやるように言われた時に何時までにやればよいかを調べることができなくなります。それの影響でミスが発生した場合は間違いなく、こちらの責任になってしまいます。これを回避するために会社や仕事をする場所に出勤する時は腕時計をすることを習慣にしましょう。社会で働くことは時間との勝負でもあるので腕時計は必須アイテムです。

ヨシダの公式サイトはこちら